FC2ブログ

久しぶりの夏日になった7月14日(日)千葉県支部の女性達が集まって、裁縫教室が開催されました。
着なくなった和服をリサイクルして洋服に仕立て直すのです。昔、両親が着ていた着物や羽織など、箪笥に眠っていた物のリメイクです。今、隠れたブームになっています。型紙を使う本格的な手法から、簡単に作りたいスタイルが決まったら、ハサミで裁断し、ミシンをかけて、アイロンをかけて、あっという間に見違えた製品になっていく姿を見ていると、女性陣ってみんな器用なんだなーと感心します。
このイベントは、実は今回、千葉県支部で初めて取り組んだ「やまぼうし交流会」の[なんでもソーイング]という集まりでした。会場は、バザー準備室として長い事お世話になった市原市の森世話人宅です。バザーのイメージは一掃され、すっかり洋裁教室の様相を呈していました。洋裁テーブル、ミシン3台、糸類、アイロン等準備万端でお迎え頂き、参加者一同、目を見張るばかりでした。いつもいつも、こうして準備して下さる森さんに感謝です。
この日は、「なんでも話そう交流会」もドッキングしていまして、加納講談師による「講談」もあったり、コサージュを作るメンバーもいたり、思い思いの活動をしました。
それから、もう一点特筆してご報告したいのは、森さんお手製のスペシャルカレーの事です。学校給食で使ってる様な大鍋一杯のカレーを見た時は、素直ににビックリしました。もの凄い量だったからです。具材が沢山入った美味しいカレーです。いつの間にか森宅で作業する時の皆んなの楽しみの一つになってしまいました。快くお引き受け頂きはす森世話人に改めて感謝です。

スポンサーサイト

てんかん協会千葉県支部では、この夏、7月と8月の二回、千葉市内におい「てんかん医学基礎講座を」を協賛にて開催致しております。
どなたでも無料にてご参加頂けます。
添付の資料をご参照下さい。


20150629183929723.jpg


2015062918392745a.jpg

遅くなりましたが、やっと写真のアップが出来ました。
20150607125049c4e.jpg
松籟亭でのお抹茶セット

20150607125055a86.jpg
芝生の上で軽く身体を動かす。

20150607125054019.jpg
海浜幕張駅前のロッテマリーンズのアイドルキャラクター


4月19日(日)千葉市民会館にて2015年度千葉県支部総会を開催いたしました。
昨年度の事業報告及び会計報告と今年度の事業計画案及び予算案の承認を頂きました。
昨年度は、「第30回感謝ラストバザーin市川」が惜しまれつつも成功裏に終了したことや、関東ブロック会議の担当県にあたり、キャンプでお馴染みの矢島クリニックの矢島先生に「遊ぶことは生きること」と題して特別講演をしていただき、各県支部の参加者に無事「おもてなし」が出来たことを報告いたしました。
今年度は、バザーが終了し財政難が予想されたため、昨年申請しておいた「赤い羽根共同募金」と「年賀寄附金配分」の二つの助成金申請が承認されたことにより、今年度の支部運営に支障を来たさないであろう事が報告できました。
世話人体制に付きましては、今年度も全員留任して下さいました。プラス、当日1名の当事者の立候補があり、承認されました。世話人12名。監事新旧2名にていずれも承認され、この一年執行してまいります。

もう、ずいぶん桜前線も北上していますが、まだまだ私達の処でも十分楽しめています。ついついスマホで写真を撮りたくなるのも私だけではないでしょう。

さて、報告を2つ。
1) 赤い羽根共同募金の助成金 申請認可
2) 年賀寄附金配分金の助成金 申請認可
という嬉しい報告がございました。
昨年、30年続けてきた「バザーin市川」に幕を引き、活動資金不足が懸念され、初めて「助成金申請」という難題に取り組みました。
おかげさまで、今までの事業実績をお認めいただけたのか、二つの申請ともご承認いただけました。
赤い羽根はスキーやクリスマス会、そして、医学基礎講座用に
年賀寄附金は、「わかしお」の発行及び郵送代として、それぞれご承認を頂きました。
本部からの会費の還付金収入の目減りから、私達の事業を遂行し続けるには、これらの助成金を有効にお使いさせて頂きたいと思っています。

以上、ご報告いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。